アプローチの四苦八苦

ゴルフで100を切りたい方にとって大事なのが

アプローチでダフらない

ことでしょう。今日は自分も悩んだこのダフリについて
どういった練習をしてきたかを紹介しましょう。

まず練習場ではマットの一番後ろ(右足側)にボールをおいて
練習しました。ダフるとクラブがマットに当たってしまいます。

当たらないように練習するも、どうやったら当たらないようになるのか
わからない?? 体で覚えろ といいたいところだがそんなに物覚えの
いい体ではなかった・・・

ボールを思いっきり右足寄りにおいて練習してみる
ダフリにくいが絶対ダフらないわけではない、それに
 ボールが上がらない・・・
 どんなに右に寄せてもダフるときはダフる!!

体をオープンではなくクローズに構えて、体重を左足にかけて
アプローチしてみる。(一本足で立つぐらい)
 これはかなりいい感じでアプローチできる。
 しかし実戦向きではないような感じがする・・・
 ダフらない感覚は養える。

等、いろいろ試行錯誤してみて気付いたのだが、

アプローチにリストターンは必要ない
とゆうより手首の動きがいらない

とゆう結論になって、それからかんたんアプローチへ(自分なりの)
変化していきました。それについてはまた次回に・・・

ゴルフで100を切るためのスイングはこちらの無用レポートで学べます
⇒ 無料レポートはこちら


コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) ゴルフ初心者が100を切る為のレッスンブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。