ゴルフグリップ

ゴルフで100を切る為のグリップ4

ゴルフで100を切る為に必要なことに

グリップ

があります。

正しいグリップをすれば正しいスイングへの近道

になります。

今回はインターロッキンググリップについてです。

このグリップは左手の人差し指と右手の小指をからめて

グリップします。

有名選手ではタイガーウッズ選手や丸山茂樹選手、それに

石川遼選手もこのグリップです。

ゴルフで100を切る為にグリップの再現性はとても大事です。

自分もこのグリップで安定してきました。

しかし慣れるまではからめた指が痛くなりますので初心者の方は覚悟が

必要です。しかしとても一体感がでるので、1回1回のグリップが

バラバラで安定しないかたにとっては良いグリップだと

思います。

初心者が100を切る為にグリップについてお伝えしてきましたが、

この他にも、ストロンググリップ、スクエアグリップ、

ウィークグリップ もありますがこれはグリップの形ではなく

握り方ですので、これについてはいずれ書きたいと思います。

カリスマコーチが教える手っ取り早く100を切る方法はこちら
  ↓ ↓ ↓

ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム


ゴルフで100を切る為のグリップ3

ゴルフで100を切るために大切な事に

グリップ

があります。

グリップには種類があって、今回は

オーバーラッピンググリップ

についてお伝えします。

おそらく初心者の方を含めて一番多いグリップがこのオーバーラッピンググリップ

だと思います。

前回のベースボールグリップだと右手が強すぎて、飛距離は

でるがフックがでる。といいましたが、それを解消するのに

左手の人差し指と右手の小指をかさねたオーバーラッピンググリップ

が開発されました。これによって右手の力加減が少なくなって、フックが

解消されます。ゴルフで100を切る為には飛距離よりも、方向性

だと思いますので、このグリップが多いのはうなずけます。

いずれにしても、初心者の方はいろいろ試してみて自分が100を切る為に

良いグリップを見つけてほしいと思います。

次回はインターロッキンググリップです。

手っ取り早く100を切りたい方はカリスマゴルフコーチが教えるこの方法でどうぞ
   ↓ ↓ ↓

ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

ゴルフで100を切る為のグリップ2

ゴルフで100を切る為に大切なことは

「グリップ」

だといいましたが、そのグリップには種類があります。

ベースボールグリップ

オーバーラッピンググリップ

インターロッキンググリップ

です。

そのうち

ベースボールグリップがゴルフにおいて最も古いグリップだそうです。

これはその名のとうり野球のバットのように持ちます。しかし左手は

通常のグリップ同様親指を突き出します。

このグリップは、ゴルフで100を切る為に必要な飛距離を出すのに

優れたグリップだと思います。

特に初心者の方はこれからやってみてはいかかでしょうか。

右手の力が発揮できるからです。飛距離不足に悩む人は試してみてはいかが

でしょうか?

しかし反面、右手が利きすぎて、フックになってしまうとゆうデメリットも

あります。それを防ぐ為に次に説明するオーバーラッピンググリップが

開発されたようです。

初心者が100を切る為にはグリップの重要さはかかせません。

その為に自分にあったグリップをいろいろためしてみてはいかかですか?

次回はオーバーラッピンググリップです。

あなたのゴルフが変わる手っ取り早く100を切る方法はこちら
   ↓ ↓ ↓

ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

ゴルフで100を切る為のグリップ

ゴルフで100を切る為に大事な事の1つに

「グリップ」

があります。グリップは自分の体とクラブを

結ぶ接点です。初心者の方はなにげなくグリップ

をしているかもしれませんが、上達すればするほど

ゴルフで100を切る為にグリップは大事だと

ゆうことがわかってきます。

グリップの種類にはおおまかに分けて

ベースボールグリップ

オーバーラッピンググリップ

インターロッキンググリップ

がありますが、次回からその特徴を見ていきましょう。

手っ取り早く100を切りたい方、上達の近道をお探しの方は
こちらをどうぞ
   ↓ ↓ ↓

ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム
Copyright (C) ゴルフ初心者が100を切る為のレッスンブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。