ゴルフスイング

スイングはシンプルにしよう3

こんにちは、前回からのつづきですが、シンプルにゴルフを考える

やシンプルなスイングといってもどうすれば???

といった疑問があると思います。

これは自分がやった方法ですが、なぜスイングの細かい部分が気になる
んでしょうか?

手首の使い方やクラブの上げ方、スイングプレーンや、コックの仕方、
スクエアグリップかストロンググリップか等々・・・

いろいろありますね。

これは常に最大飛距離を出さなければいけないとゆう呪縛にかかっている
ためです。

あなたは、このクラブで飛ぶ飛距離はこれだけだから、その距離を飛ばそうと
していませんか?

例えば7アイアンなら150ヤード飛ぶから150ヤード飛ぶはず・・・といった
考えです。

こう思いこんでいるとスイングを崩す原因になります。

別に150ヤード必ず飛ばす必要はないのです。
140ヤードでも130ヤードでもいいんです。

力んで150ヤード飛ばすくらいなら、楽な気持ちで140ヤード打つ練習をしましょう。

ドライバーで力んで250ヤード飛ばす練習をするなら、200ヤードを打つ練習をしましょう。

そうすることでスイングに余裕が生まれて、かえってミート率が上がったり、スイングが力みが
なくなって良くなってくるでしょう。

たくさん飛ばさなければカッコ悪いと思うかもしれないですが、

本当は飛ばせるけど、あえて飛ばさないんだと思えばいいですよ。

ぜひコースでも無理矢理に7アイアンを使うなら6番や5番で楽な気持ちで振りましょう。
これができればスコアは劇的に良くなることだと思います。

ただし楽に振るとゆうのは、スイングが緩むとゆうのとは違いますから、いきなりコースで
試さずに練習場でよく練習してからにしてください。

最短でうまくなりたいならこちらへどうぞ



スイングはシンプルにしよう2

前回、ゴルフを難しくしているのは自分だった。

とゆうことを書きました。→前回の記事

難しく考えなくなった時に自分のゴルフが変わりました。

まず、コースにいっても気負いが無くなりました。

しかしただダラダラやる、とゆうのとは違いますよ・・・。

練習した成果を出さなければいけないとゆう呪縛から解放

されたからです。

今までは、どーんとティーショットをフェアウェイに打って、

ビシッとしたセカンドショットでグリーンをとらえてバーディ

パットが外れてパー・・・とゆうゴルフしか目指していませんでした。

しかしプロのゴルフを見ていても、そんなにナイスショットばかりでは

ありません。

しのいで、しのいでいたら、バーディがきた!!

といったゴルフがあります。

だから自分も、ティーショットはコース内ならOK!!

距離も200ヤードも飛べばOK!(実際フロントティー

ならこれで十分)

セカンドはグリーン回りならOK!(ロングパット残るぐらい

ならアプローチの方が得意だから)

ボギーならOK(そのうちパーがとれる)

といった考えでコースを回るようになりました。

そうしらメンタルが安定してあわてなくなりましたし、

スイングもシンプルなものでいいやと思うようになりました。

難しいことを考えてもゴルフはうまくなりません。

シンプルに考えることで一気に一皮むけることがありますよ。

あなたのゴルフ脳は難しい理論で固まっていませんか?

自分でゴルフを難しくしないで、シンプルな考えでゴルフを

しましょう。

てっとり早く上達したいならこんなプログラムがありますよ。
   ↓   ↓   ↓
早く100切り、90切りを目指す方の為の最短上達法

スイングはシンプルにしよう

スイングは難しいもの・・・

そんな思いがあなたにはあるのでは?

と思います。

考えれば考えるほど難しくなっていくし、スイング改造

すればするほど「スイングがわからない」 とゆう現象

になりますね。

それはナゼか?

自分もそんなことがありましたし、そんな時はとにかく

パーフェクトなスイングを追及しすぎている状態になっていきます。

あなたも今そうゆう状態になっていませんか?

自分はそんな時に気付いたことがあります。

あなたもこんなことがありませんか?

ラウンド前の練習ができなかったり、準備運動をしないままラウンド

を始めたり、体調がよくないのにラウンドしたり、

今日はあまりいいスコアが期待できないな〜 と思って

ラウンドしたら思ったよりいいスコアだったり、ショットだったりして

「あれっ なんで??」

と思った時がありませんか?

自分もそういったことが何度もありました。

気合がはいっているときほどスコアがボロボロなのに、適当なときは

スコアがいい・・・とゆうことがです。

こんな現象を考えたときに自分の中で何かが変わりました。

自分が進んでいる方向が違うんじゃないかと思ったんです。

いつもパーフェクトなショットやスイングをしないといけない

感じに自分がなってしまっていることに気付いたんです。

つまり難しくしていたのは、ゴルフではなく

「自分」

だったのです。

本当はシンプルでいいのに、難しいスイングをしなければ

うまくならないとゆう感覚に自分で考えてしまっていたと

ゆうことですね。続きは次回で・・・

シンプルスイングで最短で上達したいならこちらです

ダウンブローで打てたなら・・・

理想のターフをとるには

ダウンブロー

で打つショットが必要だと申しました。

    
ダウンブローショットを習得するならしたいならコチラ


ダウンブローで打ったボールは良いバックスピンがかかり、球筋が安定します。

ミドルアイアンで打った球はグリーン上でピタリと止まり、ショートアイアンならば
バックスピンがかかって戻すことも可能でしょう。

そんなダウンブローを習得するにはどうすればいいのか?

と疑問に思われるでしょう。

そもそもダウンブローで打つ・・・とゆうことは
ハンドファーストでボールをとらえる、とゆうことです。

これはボールとクラブが接触したときにグリップがボール位置より
前、つまり飛球線方向にある状態のことをいいます。

そうすることでボールを最下点より前でとらえて、その後
最下点を通過するために、ボールの左側(飛球線方向)に
ターフができるとゆうわけです。

ターフがとれていてもボールより右だったり、ほぼボール位置
だとゆうかたは、ダフリの可能性が大きいです。きっといいショット
だと思ってもスピンが足りず、グリーンをとらえたのにこぼれおちてしまう・・・

とゆうことがおきているのでは?

じゃあどうすればダウンブローが身に付くのか?
と思われるでしょうが、つづきはまた次回で・・・


今すぐダウンブローを習得してスコアアップしたいなら

素振りはうまいのに・・・

ゴルフで100を切る為の練習法として球を
打つばかりではなく

素振りの練習


がありますね。

一言で素振りといっても色々なやり方があります。

一回一回アドレスしての素振り や
連続して振る連続素振り  や
フルスイングではなくハーフスイングの素振り

などがありますね。

あなたはどんなふうに素振りをしていますか?
なにも考えずにやっているかもしれませんが、
素振りのときにはテーマを決めましょう

今日はリストターンを意識しよう  とか
トップの形を意識しよう  とか
オーバースイングに気を付けよう

とゆうふうになにかテーマをもってやりましょう。
そうすることでただ闇雲にやるよりは効果がでるのが
早い
ですよ。

正しいスイングを身に付けてスコアアップしたいならこの
無料のスイングレポートで学んでみてはどうですか?

⇒ 無料レポートはこちら





アッパー? ダウン?

ゴルフで100を切る為に色々な情報
見ていることだろうと思います。

レッスン書だったり、オンラインレッスンだったり
または雑誌だったり・・・と様々な情報がありますね><

自分もよく週刊ゴルフ〇イジェスト等を買って読むんですが、
あの中のレッスン部分には???とゆうことがあります。

今週はアッパースイングが飛ぶ とゆうレッスンがあれば
次週はダウンスイングを身に付けようとゆう特集だったり、

いったいどっちが正しいの?

と思うことがあります。

レッスンはとても納得できるものなのですが、いつもいつも
色々なことはできない・・・となって結局なにもしなかった
となってしまうんじゃないでしょうか?

スイングレッスンには教えてくれる人にとって様々なやり方、
考え方がありますので、その中でこれをやれば大丈夫!!
とゆうものはなかなか見つけるのが難しいでしょう。

しかしその中でも今の自分に足りないものに絞って1つの
ことだけをやる
とゆうのはとても大事です。

1つのことをやりぬいてスイングが変わった時に、あの
アッパースイングのレッスンもダウンスイングのレッスンも
基本は同じだったとゆうことに気付くかもしれません。

シンプルで再現性の高いスイングを学ぶことができる
無料レポートでまずは学んでみてはどうですか?

⇒ 無料レポートはこちら

ハーフスイングのトップがいいんじゃない

ゴルフで100を切る為のスイング練習として

ハーフスイング

がいいと以前の記事で書いたと思います。

ハーフスイングとは時計でいえば9時〜3時の
間で行うスイングのことです。

これを低いティーアップで6番か7番アイアンぐらいで
打つ練習を毎回取り入れればあなたのスイングは格段に
良くなります   とゆうものです。

このハーフスイング練習をやっている方ややったことがある
とゆう方のうち正しくできている方は少ないのでは・・・
と思っています。

これは自分もなのですが、最初はハーフを意識してスイング
しているんですが、だんだんスイングが気付かないうちに大き
くなってしまっている
とゆうものです。

飛距離もフルショットなみになっていませんか。

しかしこの大きくなったハーフスイングのいいところは
バックスイングからトップにかけてのオーバースイング
の矯正になる
  ことでしょう。

われわれアマチュアは飛ばそうと意識が強いのかオーバー
スイングになりがちです。この大きくなったハーフスイングの
トップぐらいで本当はちょうどいいんです。

あとはしっかりフォローをだしてやればフルスイングの完成です。

ハーフスイング練習をしている方は一度トップで止めて確認
してみてください。そのトップが正しいトップの位置かも
しれませんよ。

ただその場合正しいハーフスイング練習ではありませんので
もう少し小さいスイングを心がけましょう。

100を切る為のスイングの無料レポートがありますから
まずはこれで正しいスイングを学んでみては?
⇒ 無料レポートはこちら

ドライバーの飛距離を伸ばすには・・・

ゴルフで100を切りたい方は

ドライバーで飛ばす

ことにとても興味があるでしょう。自分もゴルフやりたての頃は
飛ばすことに全精力をかたむけていました。(笑)

しかししばらくして気付きました・・・

飛ばすにはある程度才能とパワーがないと簡単には難しいな・・・(泣)

こんな思いした方はたくさんいるのではないでしょうか?
そこで自分が少しでも飛距離アップの為にしたことを公開しますので
参考にしてください。

1 スタンスを広げる
   あと靴一足分広げてみましょう。
2 クラブを自分に合ったものに変える
   飛ぶと話題のクラブではなく自分のスイングに合ったものに
   することでミート率があがり結果飛ぶ
3 スイングを見直す
   効率の良いスイングをすることで曲りの少ないボールを打ち、
   結果飛距離が伸びる。

 パワーもスイングスピードもないならそれ以外を充実させて飛距離を
伸ばすことを考えてください。

この中で今すぐできるのは1番ですね。実践してみてください。

2番はお金も絡むので考えますが、自分に合わないクラブでいくら
がんばってもスイングを崩すだけなので、今はいろいろ
中古もたくさん出回っているので最新でなければ安く済むと思います。
ゴルフクラブ選びについてはネットで調べたり、友達に借りるなどして
できるだけたくさんのクラブを打ってみるのがいいでしょう。

3番はいいスイングをすればいいボールが打て、結果的に飛距離が
伸びます。ではスイングとはどのようなスイングかといいますと
再現性の良い効率のいいスイングのことです。

この無料レポートで学んでみてください
「再現性のあるスイング」レポート

飛距離が伸びるのが夢

飛距離が伸びる

この言葉にゴルファーは弱いですね〜
特に初心者で100を切れないうちは飛距離が
伸びればスコアも良くなると信じ込む傾向があるので尚更です。

たしかに飛べば有利にはなりますが、同時にセカンドショットへの
プレッシャーにもなります。

あんなに飛んだんだからセカンドはパーオンが当たり前

いいショットをしなきゃいけない

パーは当然だろう

と自分を追い込んでしまうかもしれないし、周りからも言われること
だってありますからね。

そんな時には再現性のある正しいスイングがあればそんなプレッシャーに
打ち勝つことができるのでは?  と思います。

しかしそんなスイングを見つけるにはどうすればいいのか迷ってしまいますね。

雑誌にはいつもスイングについての特集が組まれ、どれを参考にすればいいか
わからないし、レッスン書もそれぞれ違うことが書いてあるし難しい・・・

そんなあなたに今回このレポートはいかがでしょうか?

正しいスイングを見つけることで結果 飛距離も伸びますよ
力任せやスイングスピードを上げるだけではたまたまの一発は
あっても再現性は手に入りません。

ゴルフで100を切りたいならこのスイングは身に付けましょう
正しいスイングを手に入れるレポートはこちら

女子プロのスイングは教科書だ!

最近は女子プロが男子プロの人気を上回っていますね。男子プロは石川遼選手に依存しすぎな感じです。
次のスターが現れてほしいですが、アラフォーの自分としては同世代の方にがんばっていただきたいです。

 さて女子プロのスイングを参考にしましょうと以前書いたと思いますが、彼女たちはどうしてあんなに飛ぶのでしょうか?飛ぶといっても300ヤードではなく230ヤード〜250ヤードぐらいなので、そんなに飛んでいないと思われるかもですが、あなたの周りにそれだけ飛ばす女の方がおられるでしょうか?

 おそらくほとんどいないと思います。自分たちが男子プロの飛距離を見てすごい!と思うように女の方は女子プロの飛距離は異次元でしょうね。しかし一般アマチュアの男子にすれば大変参考になる点があります。

 まず彼女たちはパワーがあまりないので(一部の人はありそうですが・・・)クラブに振られているところではないでしょうか?言い換えればクラブに最大限に仕事をしてもらっているとゆうことです。

 私たち男子はどちらかといえばクラブを制圧しようと力みすぎなのかもしれません。ボールを叩こうとゆう意識が強すぎるのでは・・・と思います。もっとボールを運ぶ意識を持つほうが効率のいいスイングができるのではないかと思います。
 
 もう一点はあの美しいスイングでしょう。どの女子プロを見ても、インパクトからフィニッシュまで崩れない安定したスイングですね。あのイメージを持ってわれわれアマチュアも日々の練習から取り入れていけば力をいれていないようだけど飛ぶスイングが手にいれられるのでは・・・と思います。

正しいスイングを手に入れられる無料レポートはこちら

オーバースイングは悪いのか?

ゴルフで100を切る為にスイング矯正で治したいのが

オーバースイング

ですね。しかしオーバースイング事態はそれほど悪い

ものではありません。女子プロではオーバースイング

の選手が結構いますし、横峰さくら選手はその代表でしょう。

オーバースゥイングは非力な方には飛距離を伸ばす武器にも

なりますので、なにがなんでも治さなければならないものでは

ないことをご理解ください。今自分が問題なく振れているのなら

無理に矯正するのはオススメではありませんが、次のような

方法をお試し下さい。

原因はトップで右脇が空いてしまうことでオーバースイングに

なってしまうので、右脇にヘッドカバー等をはさんで、バックスゥイング

を開始してそれが落ちないうちに切り返していく練習をまずは素振りから

行ってください。少し慣れたら球を打ってみましょう。

思ったより窮屈に感じるでしょうが、この練習を繰り返すことで、確実に

良くなりますので、時間がかかるでしょうががんばりましょう。

後は力の入りすぎも原因ですので力みをとるように心がけましょう。

力みをとる方法はこちら

ゴルフで100を切る為のスイング矯正は一朝一夕でできるものではありませんので

根気よく取り組む覚悟が必要です。またその間のラウンドでは良いスコアには

ならないかもしれませんがその後にはすばらしい結果が待っていると思いますよ。

トップアマが教える手っ取り早く100を切るにはコチラです。
  ↓ ↓ ↓


スイングプレーンは意識しすぎるな。

ゴルフで100を切る為にスイングプレーンを意識されている方は多いでしょう。

矯正をしていくのにこれを意識しすぎると深みにはまってしまい、

最悪スイング事態がくずれてしまいますので、矯正をしていく

上でこんなものだとゆうくらいの理解で良いと思います。

スイングプレーンとはシャフトが通る道のことです。

理想としてはバックスイングからダウンスイング、フォロー

まで同じ軌道をなぞることですが、実際これはかなり難しい

です。プロでも連続写真をみるとアウトサイドに上げて、インサイド

から降りてくるスゥイングのプロを多く見かけます。

ガルシア選手や池田勇太選手もそうですね。

このアウトサイドからインサイドのスイングが正しいスイングプレーン

だとゆう説もありますが、その逆のインサイドからアウトサイドは

良くないようです。

自分でチェックするには後ろからビデオで撮ってもらうか、誰かに

見てもらいましょう。

1回、1回違うプレーンにならないようにスイングを矯正していくように

しましょう。一貫したスイングができれば球筋も安定してきますから

ゴルフで100を切る近道になることでしょう。

トップアマが教える手っ取り早く100を切るにはコチラです。
  ↓ ↓ ↓


100を切る為のゴルフスイング練習について

ゴルフで100を切るためにはどうすればよいか?

これはなかなか100を切れない初心者にとってはとっても深い悩みだと思います。

ゴルフで100を切るためにはすばらしいスイングが必要だと

考えている方もおられるでしょう。

たしかにすばらしいスイングがあれば近道にはなるでしょうが、

100を切る程度であればそれほど重要ではありません。

プロのようなスイングは必要ありませんし、ましてや石川遼選手のような

スイングじゃなくても100は切れます。

私がスイングで注意した点はただ1点です。

「フィニッシュをしっかりする」

これだけです。

プロでもいいボールを打ったあとはピタッとフィニッシュが決まっています。

あなたの周りの人のスイングを見てください。

すばらしいボールを打った後はフィニッシュが決まっているはずです。

練習場で練習するときはこの1点だけに集中してやってみてはいかがでしょうか?

特に初心者の方にはオススメです。

きっとスイングが良くなりますよ。

練習の仕方としては1球打つごとにフィニッシュまでいったらその体勢をキープ

したままボールが地面におちるまで見届けることです。

このとき自分の満足のいくボールじゃなくてもフィニッシュを崩さずに見届けましょう。

初心者の方は特にこれを継続すればゴルフで100を切れるスイングが身に付くと思います。

ゴルフで手っ取り早く100を切りたい!! 90が切れない!!

そんな方にオススメのプログラムです。

ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム続きを読む
Copyright (C) ゴルフ初心者が100を切る為のレッスンブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。