ゴルフ練習法

コースのように練習を・・・2

前回、練習場でもコースでラウンドするかの如く

練習する方法について書きました。前回の記事

この練習方法を実践するにあたって注意することがあります。

それは・・・

「やり直しショットをしない」

とゆうことです。

練習だからとミスショットをなかった事にしてはいけません!!

ミスはミスと認めて、そこから新たなショット練習をしましょう。

本番さながらの練習ですので、そこにもこだわりましょう。

そうすることで、本番でのメンタルコントロールにも役立ちます。

練習の時からミスショットへの対応ができていれば、本番でもあせる

ことが無くなると思いませんか?

ゴルフはメンタルだといわれるスポーツで、メンタルが占める割合が

とても多いのです。

どんな調子が良くても、次のショットまでの時間があれば、いろいろな

事を考えてしまい、そこから崩れていくとゆうことも多いはずです。

ですから練習の時からメンタルコントロールができる本番さながらの

練習方法がいいのではと思います。

ぜひお試しください。

最短で上達したい人の為のプログラム


コースのように練習を・・・

アイアン練習をたくさんしよう・・と思っても

いままで散々ドライバーのみの練習だったので、

やっていてもすぐあきてきてしまいます。

やはり飛ばしは楽しいですからね。


そこでこんな練習方法をやってみました。

コースでラウンドするように練習する・・・です。

まず仮想でこのコースは何ヤードのパー何かを決めます。

そうしたらドライバーでティーショットです。

その結果によってセカンドショットを選択します。

ナイスショットならだいたいの飛距離を差し引いて残りヤード

を打つアイアンでショットする。

ミスショットならリカバリーするアイアンでのハーフショットをする。

セカンドショットがナイスショットでグリーンオンなら

また次のホールを想定してティーショットから・・・

グリーンを外したと思えばアプローチショットをする・・・

とゆうように、本番のラウンドを想定してショットする

練習方法です。


やってみるとわかりますが、適度に一打一打に緊張感が出て、集中した

ショット練習ができますよ。

ホールの想定によってはティーショットがフェアウェイウッドやアイアンと

ゆうこともありますし、パー5の想定によってはセカンドショットやサードショットの

クラブ選びの練習にもなるでしょうし、まんべんなくクラブを使うことにもなりますので

偏った練習にもなりにくいです。

周りからみれば、一回一回クラブを変えてなにやってんだ・・・と

思われてしまうかもしれませんが・・・


でも練習は自分がうまくなるためなんですからいろいろ工夫は必要ですよね。

苦手クラブをなくしてショットが安定する練習方法はこちら





なぜティーアップするのか?

ダウンブローショットの練習には

アイアンでのティーアップショットがいいですよ。


とお伝えしましたね。

さっそく実践された方もいるのでは・・・と思います。


ではなぜティーアップがいいのかと言えば・・・

ボールとアイアンのコンタクトの仕方に注意しなければ

いけないからで、アイアンがボールに当たるのはどこか?

とゆうといきなりフェースに当たる・・・わけではなく、

ボールの赤道付近にまず刃の部分がヒットして、フェースを滑りあがり

ながらボールが放たれるわけだ。



このフェースを滑り上がるときにバックスピンがかかるんだ。




だからアイアンを打ったときボールがフェースのどこに当たったかを

みたときにフェースのど真ん中に当たっている場合、少しダフリぎみ

といえる。本当は真ん中より下に当たっていなければいけないんだ。



ティーアップしてボールを打つのは、しっかりボールとアイアンを

コンタクトさせるのに必要だからやってほしいと思っている。



そしてそのスイングを可能にするのが

ダウンブローショット

とゆうわけなので、ぜひ習得していただきたいと思います。

ダウンブローショットを手に入れたいならこちら

ダウンブロー特訓

前回までで

ダウンブローショット

の重要性がわかったのでは?・・・と
勝手に思っていますが、肝心の自分の
ものにするには・・・

について教えましょう。


ダウンブロー上達への近道はこちら



練習方法はいたってカンタン!!
それは・・・・・・・・













ティーアップしたボールをショートアイアンで打つ

これだけです。

そんなこと・・・・
と思われた方、この練習方法をバカにしてはいけません。

まずやってみてわかりますが、ダウンブローで打たないと
なかなかいいショットが打てません。

ショートアイアンなのでロフトが寝ていますから、しっかり
ハンドファーストで打たないとどうなるかといいますと・・・

テンプラのような力のないボールになってしまいます。
それに音も

「ペシッ」

といい音がしません。

しっかりハンドファーストでダウンブローショットが
できれば、少し低く飛び出して伸びていくような
プロ弾道が打てるようになります。

音も

「ビシッ」

と乾いた音になるでしょう。

ただひとつ注意なのですが、ロングアイアンやミドルアイアン
でやってはあまりミスショットといいショットの違いが
わかりずらいのでショートアイアンでやってください。

この練習を必ず毎回とりいれるだけでスイングが良くなるのは
まちがいありません。

回数をこなしてダウンブローショットを自分のものにしましょう。

このティーアップしての練習は練習場のマットでの練習より
格段にいいです。

練習場のマットはマットであって芝ではありません。
ダフったとしても滑ってくれるので、そこそこいいショット
になってしまうのです。

特にフカフカのマットは、ダメショットもナイスショットに
変えてしまったりもします。

ぜひ練習場ではまわりの目も気になるでしょうがアイアンも
ティーアップしてショット練習しましょう。

ボールをきっちりとらえる感覚が間違いなく身に付きますよ。

最短でダウンブローショットを自分のものにしたいならこちら


素振りのやり方

ゴルフで100を切る為の練習でいつでも
できるのが

素振り練習

ですね。

それこそクラブがなくても、イメージでも、傘でも? 
できるのがいいところです。

この素振りをあなたはどのようにやっていますか?

ほとんどは連続素振りか、アドレスしての1回づつ素振り
でしょう。連続素振りはオンプレーンで振りやすいのですが
1回づつの素振りはなかなかオンプレーンにはなりにくいですね。

そこで自分の方法ですが、まずアドレスしたら飛球線方向に(フォロー側に)
少しクラブを動かしてからバックスイングに入ってみてください。

この方法だとしっかりオンプレーンに乗りやすいと思いますし
クラブに振られる感覚もわかります。あとはこの感覚を自分のものに
できるように繰り返すだけです。

ただの素振りでも考えながらやるのとただやるのでは効果が
全く変わってきますのでどうせうやるなら効果がでるように
練習するのを心がけたいですね。

効果のあるスイングを身に付ける無料のスイングレポートが
あるのでこれでスイングを学んでみては?

⇒ 無料レポートはこちら

どうやればいいのかわからない

ゴルフで100を切る為に
あなたは日々練習やラウンドをしていることでしょう。

しかしなかなか上達しないことにイラだちを覚えることも
あるはずです。

やってもやってもいいショットが打てない・・・
ダフリが止まらない・・・
シャンクするようになってしまった・・・

こんな時にただ球を打っているだけでは問題は解決しないし
やればやるほどひどくなったり、あなたのモチベーションも
下がってきて、最後には

もうゴルフをやめよう・・・

とまで思ってしまうかもしれません。

これは自分が経験していますので、あなたがそうなる確率も
高いのですよ。

そんな時にやる練習といえば”基本”の練習 以外に
ありません。

どんなプロ選手もスランプに陥った時は基本に帰ると
いいます。自分が信頼できる基本があればどんな
迷った時も安心なんです。

あなたも自分が信頼する基本をこの無料レポートで学んで
みてはどうですか?

⇒ 無料レポートはこちら


スイング練習はどれだけやれば効果がある?

ゴルフで100を切る為に、日々

スイング練習

をしておられるでしょうが、再現性あるスイング
身に付けるにはどれぐらいの練習をすればいいのか?
が疑問におもわれるでしょう。

再現性あるスイングといえば、男子プロの片山晋呉選手が
思い出されます。片山選手のメカニカルなスイング
本当に素晴らしいと思います。

連続賞金王にも輝きましたし、マスターズでの4位や、全米プロ
でも4位に入ったことがありますね。

そんな片山選手がスイングを固めるのにどうしているかとゆうのを
雑誌で紹介されていました。

当時片山選手を教えていたティーチングプロの江連さんの話でしたが、

片山選手は同じことを何か月も続けられる達人だと言われていました。

ハーフスイングだけで3か月スイング練習しろ といえば本当に他は
一切しないで3か月やり続けられるんだそうです。これはやってみればわかりますが、
本当に退屈だしつまらない練習なんです。

自分も一時期毎日練習場に通って100球ぐらい打っていましたが、同じことを
しようと思ってもついついフルスイングをしてしまい、それまでのハーフスイング
練習でスイングが良くなっているのでいい球が打てるから、ハーフスイング練習を
やめてしまう。

とゆう感じでした。

3か月続けなければ再現性あるスイングは身につかないのか・・・

と思われるでしょうが、完璧にしなくても毎回の練習でハーフスイング練習
を取り入れていくことで、毎日練習なら1週間もあれば効果が実感できるはずです。

あとはそれでやめないで完全に身につくまでやり続けることが大事です。

再現性あるスイングの無料レポートで学んでみてはどうですか?
⇒ 無料レポートはこちら


トップ打ちのメリットとは

ゴルフで100を切る為には

ダフリ

をできるだけ少なくするための練習方法を
紹介していますが、前回お伝えした練習法
のメリットについて紹介します。

前回はトップボールを打つ練習をしようとゆう
ものでしたが、この練習をすればこのような場面
で役にたちます。

それはフェアウェイバンカーです。

グリーンまわりのバンカーでは思いっきりダフらせて
打てば脱出できるでしょうが、フェアウェイバンカー
では脱出だけではいけませんね。

そのときに、トップボールを打つのです。実際はそう
ならなくてもいいのですが、トップになるように打つ
だけでいいです。

そうすればダフったらどうしよう、とゆう恐怖からも
逃れられるので、ナイスショットの確立も上がります。

これでフェアウェイバンカーでのチョロが減るでしょうし、
アゴも低いので本当にトップしても飛んでくれると
思います。

トップとナイスショットは紙一重ですので、トップを打つ
練習はゴルフで100を切る為のとてもいい練習に
なると思います。

ただ腕が縮こまらないように、しっかりリストターンも
おこなってスイングするように心がけてください。

100を切りたいならこちらの無料レポートをどうぞ
   ↓  ↓  ↓
「再現性あるスイング」レポート

私のダフリ解消の練習方法

ゴルフで100を切る為に

ダフリ

をできるだけ減らすための練習法について書いていますが、
前回の練習法の他に私が行った方法についてお伝えしたいと
思います。前回の記事はこちらです。

ティーアップして打つ練習がイヤだとゆう方や、やはり
マットから打ちたいとゆう方は、このやり方が
いいと思います。

意識的にトップボールを打つ

です。トップボールとはアイアンの刃の部分でボールの
上半分を打つことで、ボールは低く飛び出して、ライナーの
ような打球になることです。

なぜトップボールかといいますと、ナイスショットとトップ
ボールは紙一重でして、トップボールを打つときの刃の入り
がもう少し下ならナイスショットとなる為です。

このトップボールを意識的に打つことを心がけることで
ダフリが少なくなるでしょう。しかしトップボールばかりでは・・・
と心配になるかもしれませんが、その心配はありません。

やってみればわかりますが、トップボールを意識的に打つのは
とても難しいことで、もしできるとゆうのであれば、ナイスショット
を打つのもたやすいでしょう。

クラブは8アイアンぐらいでやられるのがいいでしょう。
次回ではこの練習のもう一つのメリットについて
書きたいと思います。

トップアマが教える手っ取り早く100を切るにはコチラです。
  ↓ ↓ ↓

ダフリ克服法とは

ゴルフで100を切る為には

ダフリ

を克服しましょうとゆうことでした。
前回記事はこちらです。

ダフリはボールに当たる前に地面にコンタクト
してしまい、ボールがほとんど飛ばない現象
のことです。

これを矯正するのはゴルフで100を切る為には
大変有効です。その練習法がこちらです。

練習場では普通マットの上にボールをおいて
アイアンショットしておられるでしょうが、
それをやめて低くティーアップしてやりましょう。

練習場のマットは滑りやすくなっていて、ダフリ
がわかりにくいからです。ティーアップして打てば
しっかり当たらないと打球がバラバラで安定しません。

それとこの練習をするときはロングアイアンではなく
ショートアイアンを使いましょう。9番アイアンや
ピッチングウエッジです。

やってみるとわかりますが、ロフトのあるクラブの
方がミスショットがよくわかります。ダフッた場合
ほとんど飛びません。

しっかりハンドファーストでボールをとらえないと
いい打球がでませんのでスイング矯正にもなりますよ。

ゴルフで100を切りたい方にはぜひ取り組んでもらいたい
練習法です。1回の練習で20球でもいいので必ず
取り入れるようにしてください。

それでもやっぱりマットから打ちたいって方は次回の
練習方法をためしてみてください。

ダフリを解消したいならこちらの無料レポートをどうぞ
   ↓  ↓  ↓
「再現性あるスイング」レポート

ダフリはゴルフの大敵だ

ゴルフで100を切る為には

ダフリ

をある程度克服する必要があるでしょう。このダフリが出ると
ラウンド中であれば、やる気がなくなりますね。特にナイスショット
のドライバーのあとであればなおさらです。

練習場ならばマットがすべってくれて少々のダフリは関係なくボールは
飛んでくれますが、本番ではそうはいきません。手前の芝生にめりこんで
150ヤード飛ぶはずが60ヤードしか飛ばないことになります。

ゴルフで100を切る為には完璧とまでいかなくてもある程度ダフリを
軽減するようにしたいものですね。

ダフリが出る、出ないではメンタルにおけるダメージも全然違い
ますので、克服するように練習するのはゴルフで100を切る為に
とても必要です。

ゴルフでダフってもいい場面はグリーン周りのバンカーぐらいです。
あとはクラブ選択違いの時にダフって結果オーライだった時
ぐらいですね。自分もたまにあります・・・

次回より練習法を紹介していきたいと思います。

ダフリを解消したいならこちらの無料レポートをどうぞ
   ↓  ↓  ↓
「再現性あるスイング」レポート

ハーフスイングの落とし穴

ゴルフで100を切る為に必要な練習法として

ハーフスイング

を紹介しましたが、その落とし穴についてお話します。

このハーフスイングでの練習法は、ゴルフで100を切りたい

方にはとても重要な練習には間違いありません。練習場では

これだけをやっていても間違いはありません。

すると落とし穴とは?  と思われるかもしれませんが、

これは私も陥りました。それは、この練習をすることによって

意外と早くスイングが良くなるとゆうことです。

???? と思われるのも無理はありません。

しばらくこの練習を続けてから、フルスイングで打つと、今までの

打球とちがった球がでるのです。距離はさほどかわりませんが、打球の

質が違うのが実感できるでしょう。そしてこれが自分が上達したと勘違い

してしまうのです。打球が少し良くなっただけでこの練習を

やめてしまうのです。フォームが固まり、自分のスイングになるまで

プロでも最低3ヶ月はかかるといわれているのにアマチュアが簡単に

身に付くものではありません。この落とし穴にはまらないようにしたいもの

です。せっかく身になりかけたものがやめてしまうとすぐに元に

戻ってしまいますので、ゴルフで100を切りたい方は最低3ヶ月、

できればいつもの練習には必ず組み込むようにしてほしいと思います。

トップアマが教える手っ取り早く100を切るにはコチラです。
  ↓ ↓ ↓

ハーフスイングは上達の最短コース

ゴルフで100を切る練習法で欠かせないのが

ハーフスイング

です。これはフルスイングの半分のスイングで、

バックスウィングでは左腕が地面と平行まで上げて

フォローも地面と平行までしか振らない練習法です。

ここの間の軌道が安定していればそれ以外、プレーン

より外れてもショットは安定します。

初心者の方や100をなかなか切れない方に特にやってほしい練習法です。

ロングアイアンより7番や8番アイアンのほうが

やりやすいと思います。距離を出す必要はなく、球の高さや

軌道が一定になるように練習します。

注意するべきところは手打ちにならないように、ハーフスイング

といえど体をしっかり使って打つようにしてください。

フィニッシュも球が落ちるまでしっかり見届けましょう。

次回はハーフスイング練習法の落とし穴です。

トップアマが教える手っ取り早く100を切るにはコチラです。
  ↓ ↓ ↓

私の練習法を公開します。

ゴルフで100を切る為の練習法を紹介していますが、

ここで私の練習について書きたいと思います。

初心者の方に参考になればうれしいです。

それでは始めます。

まず50度のウェッジでハーフスイングで50〜70

ヤードを打ちます。そのまま徐々に距離を伸ばし100

ヤードまで打ちます。

次に8アイアンで130〜140ヤードを打ちます。

次に6アイアンでスリークォーターショットで150ヤード

ぐらいを打ちます。

この合間合間に54度のウェッジで50ヤード以内のアプローチ

も取り入れます。

最後に2〜3球ずつウッドを打って終わりです。

ウッド以外の打球数は特にきめていませんが、その時々の課題で

比重を決めています。

しかし50度のウェッジでの80〜100ヤードのショットは

毎回時間をかけます。

私はロングショットよりショートショットが大事だと考えています

のでこのような練習になります。

なかなかゴルフで100を切れない方は自分のドライバー以外の

弱点を見直して、練習に反映されることで上達の近道になると

思いますので参考にしてください。

次回はハーフスイング練習についてです。

トップアマが教える手っ取り早く100を切るにはコチラです。
  ↓ ↓ ↓

100を切る為に練習の比重を変えよう

ゴルフで100を切る為の練習方法を見直しましょう。

とゆうことですがまず練習の順番についてです。

前回書いたようにほとんどの人は、まずウエッジで数球打ち

次にショートアイアンで10球程度、それからミドルアイアンを

数球打って、あとはウッド系を数球打って、その後はずっと

ドライバーを打つ練習が多いでしょう。自分がよく行く練習場は

このタイプの方が圧倒的です。小さなクラブから慣らしていって

次第に大きなクラブを持つのはあっていますが、それはあくまで

ウォーミングアップの段階ですね。体がほぐれたらまたショートアイアンや

ウエッジでの練習は必ずやるべきですし、自分の経験からいってこれだけ

でもゴルフで100を切る練習にはなります。大きなクラブに比重をおいた

練習を見直して小さなクラブの練習に時間をかけるほうが最短で100を

切れるんじゃないでしょうか?次回は私の練習を紹介します。

トップアマが教える手っ取り早く100を切るにはコチラです。
  ↓ ↓ ↓
Copyright (C) ゴルフ初心者が100を切る為のレッスンブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。