パター上達法

ゴルフで100を切る為のパター練習3

ゴルフで100を切る為にパッティングの重要さは

わかっていただけたでしょうか?

では具体的にどう練習すればよいか・・・

ですが自分が初心者の頃からゴルフで100を切る為にやった練習を紹介します。

まずパターマットを用意します。

通常はカップに向かって打ちますが、自分の場合は

カップの横の空いている空間にボールを止める

ように練習します。

カップインさせるとボールがどこまで転がったかが

わからない為です。

この練習によって距離感が養われ、ゴルフで100を切るのに

近づくでしょう。

そのときのストロークですができるだけゆっくりがいいでしょう

構えてからバックスイング、フォローまでゆっくりを心がけましょう。

イメージでは宮里 藍選手のようなリズムです。

初心者の方はリズムが早くなりがちですのでこれを意識しましょう。

やってみるとわかりますが、打点が安定しますし、距離感がよくなります。

パターマットではあまり実感できないかもしれませんが、ラウンド前の

グリーン練習でためすとよくわかると思います。

このゆっくりリズムはスイングにも取り入れればいいと思います。

以上がゴルフで100を切る為に自分が薦めるパター練習です。

パットイズマネーとゆう言葉があるようにゴルフではパターが

とても重要ですので、うまくなれるように努力すればスコアに

直結しますよ!!

手っ取り早く上達したい方はこちらをどうぞ
トップアマが教える100を切る為の方法です。
    ↓ ↓ ↓
手っ取り早く90を切るゴルフ上達法


ゴルフで100を切る為のパター練習2

ゴルフで初心者でも100を切るために必要なことは

「パッティング」

だと申しました。

そして目標は1ラウンド36パット以内!!

といいました。

それはなぜか?と申しますと

ゴルフで100を切る場合99以下のスコアで

回ります。つまり99−36=63 となって

パター以外のショットは63打以内となってきます。

この63を18ホールで割ると1ホール

3.5打

です。

どうです、結構少ないと感じませんか?

パット数40なら3.27打 です。

このようにパット数を少なくすることがショット数にも

余裕ができてきますのでゴルフで100を切る為には

とても大事なことなのです。

初心者のうちから意識することで上達の近道になります。

次回はパットの練習法について書きたいと思います。

現役トップアマチュアが教える、手っ取り早く100を切る方法はこちら
    ↓ ↓ ↓
手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

ゴルフで100を切る為のパター練習

ゴルフで100を切る為のスイング練習として

「フィニッシュをしっかりする」

これだけをやる!!

といいました。特に初心者の方にオススメです。

このスイング練習の他にゴルフで100を切る為に

必要な事はなにか?

それは「パッティング」です。

あなたは1ラウンドで何パットしていますか?

スコア120ぐらいの方なら45パットぐらいでしょうか?

今まで数えたことがないなら次のラウンドでぜひ数えて下さい。

スコアカードの打数の横に書く欄があるはずです。

このパット数を少なくすることが、初心者でもゴルフで100を切ることに

はかかせません。

じゃあ何パットならいいかといわれますと

目標は36パット!! 100を切るなら最低で40パット以下

つまり1ホール平均2パット以下とゆうことです。

なぜ36パットかについては次回に説明します。

現役トップアマチュアが教える、手っ取り早く100を切る方法はこちら
手っ取り早く90を切るゴルフ上達法
Copyright (C) ゴルフ初心者が100を切る為のレッスンブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。