ダフリ解消

理想のターフ

こんにちは、久々の更新となってしまいました。

今回はターフについて書きたいと思います。

あなたはゴルフ場でアイアンショットの時 ターフがとれていますか?

とれている!!

と自信をもってこたえられる方もいるでしょうし、
とれていたり、いなかったりマチマチ

とゆう方もおられるでしょう。

ターフといえばアメリカツアーの試合でみるような、タイガーウッズ選手が
アイアンショットした時のあの草履のようなターフを思い浮かべる方が多いのでは
ないでしょうか?

あんなターフがとれれば気持ちいいだろうし、ゆうことないのだが、残念ながら日本の
ゴルフ場では芝の質がちがったりするので、あんな大きなのは難しいでしょう。

しかしターフがとれるのは間違いがないのでしっかりターフのとれるダウンブローの
スイングを目指したいものです。


速効!ゴルフダウンブロー上達術はこちら

では、ただターフがとれればいいのか?

といえばそうではなく、ターフはボールより左側 にとれていないといけません!!

ボールより右にターフがとれている方は、ダフリ です。

アイアンショットをするときに最下点でボールをとらえるのではなく、まずボールに当たってから
最下点に達してターフがとれるので、正しいターフはボールがあった場所
より左側(飛球線方向)にできるのです。

それにはハンドファーストでボールをとらえるダウンブローのスイングが必要です。

しっかりとらえられたボールはいいバックスピンがかかるのでグリーン上で
キュキュっと止まる
ので、グリーンをとらえたのにこぼれおちる・・・  こんな経験が激減してスコアも安定しますよ。

そんなダウンブローを手に入れたいならコレ

理想のダウンブローをあなたのものにする方法



アイアンのダフリを克服するには・・・

ゴルフで100を切る為には

ダフリ

をできるだけ無くしたいと思われるでしょう。
ダフる といえばフェアウェイウッドでのダフリ、
アイアンのダフリ、アプローチのダフリ、そして
パッティングでもダフリますね(笑)

その中では アイアンのダフリ が一番多くて、
一番解消したいと思われるのでは? と思いまして
自分の解消法といいますか、やってきたことを紹介したいと
思います。

まずダフるならダフる前に当たればいいと、ボールを右側に(右利きの場合)
置く方がおられますが、これは逆効果です。

右にあるためにコックのほどきが早くなりなおさらダフリやすくなる
可能性があります。

それよりもボールをスタンス中央よりも左側に寄せましょう。

それによって左のボールを打ちにいかなければならず、体重移動も
左側にされ、コックのほどきも遅くなってダフリにくくなります。
少なくとも私はなりましたよ

体重移動がうまくできない人は思いっきり左に寄せてやってみるのも
いいと思います。ぜひ一度試してみてください。

スイングばかりではなくボール位置だけでも弾道に変化がありますので、
打ちっぱなしでいろいろ試されるのがいいと思います。

それでもスイングは大事なので正しいスイングをマスターするのに
こちらの無料レポートを参考にしてみてください。
⇒ 無料レポートはこちらです
Copyright (C) ゴルフ初心者が100を切る為のレッスンブログ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。